前へ
次へ

団体を作って情報を発信している

日本を代表する総合不動産会社もあれば、大多数は従業員数名の零細企業です。
不動産業は規模ではなく、情報と人脈、そして売買に繋げるためにはアイデア勝負といえるようです。
小規模でも団体を作り、互いに情報交換をすれば、私たちの利益にもなるでしょう。
小さな声も集めてくれるなら、大きくして政治が動く可能性だってあり得るでしょう。
もちろん、不動産業界だって、自分たちの利益のために強力なロビー活動を行い、圧力をかけることだってあるでしょう。
雇用もざっと100万人もあるのですから、一致団結すれば政治や行政を動かせるくらいの声を出すことができるはずです。
ですが、やはり会社にも性格や志同じく、という集える会社ばかりではないかもしれません。
だからこそ、様々な活動も行っているようです。
その代表格は、宅地建物取引業協会連合会、あるいは不動産協会への参加なのです。
中小不動産会社の割合が多いようですが、その一方で大手不動産会社を中心に構成しているのは、不動産流通経営協会です。
共通しているのは、それぞれが私たち向けにウェブサイトを運営しているということです。

Page Top