前へ
次へ

賃貸の契約更新で必要になること

賃貸マンションに住んでいると契約更新があります。
一般的に契約更新は賃貸契約をしてから2年後です。
2年後の3か月程前から不動産屋や管理会社から契約更新手続きの案内が来るので、更新するなら早いうちに準備をしておくことが大切です。
契約更新では再度賃貸借契約を書かないといけないし、契約更新料が必要です。
だいたい契約更新料は家賃1か月分プラス消費税です。
また、事務手数料が必要になる場合もあります。
さらに契約している保険会社から火災保険の満期のお知らせと契約更新の案内の書類も郵送されてきます。
一人暮らしタイプの部屋なら、火災保険料は1万円から2万円になるのが一般的です。
不動産屋や管理会社が代理店となっている場合、代わりに手続きをしてくれるので契約書を書く必要はないです。
契約更新を断る場合は早めに連絡をしておくことが重要で、退去をする1か月以上前が基本です。
急に退去したり連絡なしに退去したりすると違約金が発生するので注意が必要です。

Page Top