前へ
次へ

新たな街づくりが期待される開発

不動産には、再開発の謳い文句があります。
街並みを一新することで、現代の生活や企業活動にマッチするようで、計画的に旧来の建物を更新しています。
日本の中心地にあるヒルズなども、再開発によって生まれ変わっています。
土地区画整理事業はその名の通りに、新しい土地に人が移り住み、街づくりが行われます。
地主から公共用の土地を出し合ってもらう仕組みです。
整形されて住みやすくなり、土地の価格も上がり、出し合った公共用の土地を売却して事業に必要な費用が捻出されます。
一方、市街地再開発事業は、駅前の中心地で行われています。
小規模での商店も集まる商店街、再開発ビルという大きなビルに生まれ変わります。
土地や建物、テナントの所有者(所有権)といった権利を持つ人たちは、再開発前に所有していた権利と同じ価値を持つ権利を得られる仕組みです。
民間事業者が行う再開発はこうした方法で、事業費は再開発ビルの一部を売却して捻出するようです。

Page Top